蜂の巣の駆除で暮らしの安全を守る|危険な作業はプロにお任せ

作業担当者

活動時期と必要なもの

困る

蜂の活動時期は種類によって様々です。例えば、スズメバチの場合は、8月から10月にかけて攻撃が最も活発化し被害も拡大する時期とされているのです。しかし、蜂の巣は5月頃に女王蜂が一人で作り始め完成してから働き蜂などが集まってきます。女王蜂は基本的に攻撃してこないとされているため、蜂の巣を作る時期を狙って女王蜂を駆除しておけば、住宅に蜂の巣ができることを防げるのです。ですが攻撃をしないからといって何も防護をしないで駆除することは危険行為でもあるため、駆除を行う際にはきちんと防護服を着用するようにしましょう。

蜂の巣は個人で行なうことも可能です。駆除に必要な道具は防護服や殺虫剤、ゴミ袋や捕虫網などです。また、高い場所に蜂の巣がある場合は、長い棒なども必要になることがあります。しかし、一般の家庭では専用の防護服を持っているところが少なく、購入するにも多額の費用がかかってしまいます。地域によっては、役所からレンタルで貸し出しているところもあるため、一度調べて見るとよいでしょう。また、蜂の駆除では、蜂が侵入してこないように肌を露出させないことが重要となるのです。防護服を着用する際には、きちんと確認してから作業をするようにしましょう。防護服を着ても作業できるか心配という人は、駆除を専門とする業者に依頼して駆除してもらうことも可能です。そのため、多くの家庭では専門業者を利用しており、被害拡大にならないように気をつけています。